CTime

好きって言われると自分も好きに!?返報性の原理とは!

「恋の駆け引きなんてできない」そう思い込んでいる方って結構いますよね。私もそうでした。とはいえ、恋愛といえども所詮は人間関係の延長線上にあるものですよね。何とかできるかもしれません!みなさんは、まったく予想もしなかった相手から告白されたりしたことってありますか??その時って、全然興味もなかったのに、そこから急に相手のことを意識してしまったりしませんでしたか??今日はその法則である。返報性の原理について書いてみます☆

人に協力したくなる心理とは

一般に、人が相手に協力をしたくなるときは3つあると言われています。

1つ目は単純に相手を「応援したい」と思うとき。

2つ目は相手を「利用したい」と思うとき。

3つ目は相手に「お返しをしたい」と思うときです。

これらは恋愛に限らず、人の協力を得たいと思うビジネスなどの場面でしばしば見られるものです。

具体的には「応援したい」心理は頑張っている後輩を見て、手助けしたくなってしまう先輩の気持ちです。

「利用したい」は自身が協力することで、後々自分が利益を得られるように計算しているようなときです。

「お返しをしたい」は相手が行ってくれたことに対して同様の気持ちや行動で報いたいと思う気持ちです。

思い当たるふしがありませんか?

 

恋愛で使える心理学テクニック

恋愛においてよく生じているのが、前項であげた「お返しをしたい」という思いです。これを心理学用語では返報性の原理と言います。簡単にいうと、相手に優しくされれば優しくしたいと思いますし、自分に好意を持っている相手をむげにはできないという心理です。

この返報性の原理を利用するということは、すなわち、相手に自分が好意を持っていることを知られるということです。そこで大事になるのは、アピールし過ぎないこと。さりげなく伝えるということが大切です。

矛盾しているようではありますが、周囲をはばからないほどに過度な好意を向けられることは相手にとってかなりのプレッシャーになり、、逆に引かれてしまうということにもなりかねません。「あれ、もしかしてあの子は自分のことが好きなのかな?」そんな風に思ってもらえたら返報性の原理は大成功です。

ゆっくり着実に相手との距離を縮めていけるはずです。焦らずに気になる異性との距離を少しずつ縮めていきましょう☆

 

そもそも出会いがないというあなたへ・・・

みなさんはこのロゴをご存知ですか??

サービス開始からまだ1年も経過していないというのに、若い男女を中心に、今このCtimeというSNSに人がたくさん集まり始めています!

このCTimeでは、趣味のあう異性に出会えるのはもちろん、CROOMというコミュニティ機能が特徴的です。

CROOMには様々なコミュニティが並んでおり、CTimeユーザーが気になるルーム(コミュニティ)に参加することができます。ルームには多くのジャンルがあり、スポーツルームやオフ会ルーム、友達グループ専用ルームなど、様々な用途で使用されています。

また、ルームは公開の場合と非公開の場合があります。ルームが非公開の場合はルーム内の投稿を見ることができないので、管理者に入室申請をしてから入室することとなります。知らない人と交流するために公開ルームに設定したり、知り合いだけが入室できるルームを作成したりと、ユーザーのお好みに合わせてCROOMを使うことができます。

承認欲求高めな人たちにとってCROOMは魅力的ですね☆

今はitunes限定配信だそうですが、メディアにもちらほら出てきているのでユーザー数はかなり増えていると思われます!!

新しいアプリのいいところは『アクティブユーザー』が多いことですね☆